Kさんちの日常&ぷぷこた日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ひんやり。
日に日に涼しくなって
すっかり秋の気配です。
巷ではシルバーウィーク。
・・・ウチは急な仕事が入り本日は出勤となってしまいました。
で、お気の毒な社員のみなさんに美味しい和菓子屋さんの
彼岸餅を差し入れしてきました。

ちょっと足がちべたくなった頃はこたたんが背中くっつけて
ゴロンしてくれたなぁ・・・とか
色々やっぱり考えてメソメソしてしまいますが
昨日はいつも微妙に離れてるぷぷさんが
pupu2009_9_18.jpg
このようにワスの最近の定位置に来ました。
せ、狭くねぇか??

そう、ここはこたたんに一番近い場所なんす。
本を読んでてもふと前を向くとこたたんがいます。

ソファが欲しい!!ってめっさ言うてたワリには全然座ったりしなかったアテクシ。
ぷぷこたの場所的な存在だったのですが
ぷぷもナゼかひとりではあまりゴロンしなくなってて
私が座ると少し離れたところで寛いだりして
こたたんとぷぷがソファのクッションの上に寝てるのことが日常だったのに
もう全くあの上には乗らなくなりました。
ナゼだろう?
一応へこぼったままにしてるんだけどね。


今日は続きでなおくんの話をします。
ちょっと辛い話なので
読みたくない方は飛ばしてくださいね。

なおくんは私がこたたんばっかりだったからか
あまりこたたんのコトをぷぷほどにはかまったりしてなかったんだけど
こっそりナデナデしたり抱っこはしてたけど
私が見るとブサイクやなーーーって言いながらおろしたりしてました。
(可愛がりたいくせにっ)

病気になってから
私が病院通いしてるのを見て
自己満足やん!って言い放ちました。
お金アホほど使って何がわかった?!
チビちゃんがしんどい思いしただけやん。
余計ひどくさしてる的なことも言われたりして
こんなヒドイ人やと思えへんかったわ!!
そんな感じで暗雲たちこめる雰囲気で体の調子も最悪で体重も4?減り
些細な(2人の)仕事上のトラブルや愛車のタローちゃんが
私の失敗が原因で壊れてしまったコトなんかで
もう険悪になったりもしました。
こたたんも調子が悪かったりした時、夜中にゲゴって言い出すと
私は飛び起きて介抱したりしてたので慢性的な寝不足もあって
イライラして余裕なかったのかもしれません。
見た目のこたたんへの温度差の違いに腹を立てていたのかもしれません。
私は無心でこたたんの世話だけをしてたような気がします。

そしてそうこうしてる間にこたたんの症状の悪化。
水を飲むと咳き込みだしてから
なおくんの態度が変わりだしました。
病院なんてって言ってたなおくんが
「何が原因でこんな風になってるのか調べたい」と言うように。
今思えば最初は私が気にしすぎで病院に行ってると思ってたのかもしれません。
どんどん弱っていくこたたんを見て
「死」と言うモノがよぎったのかもしれません。
その頃、私はもう「病院」に不信感しかなくなってました。
もうこたたんには辛いことさせたくない。
病院行っても同じコトされて結局何もわからない。
それやったらのんびりお家で過ごせるようにしてあげるのが一番なんちゃうか?って。
なおくんに病院探しときって言われたけど
私はもうどこもアカンような気がしてて・・・
それでもなおくんは一生懸命いい病院ってのを探して灘区にある病院がいいらしいって
行ってみよう!って。
かなり強引でしたが、もしかしたら・・・と言う思いもあり行きました。

先生はずっと私達の話をメモを取りながらずっと聞いてくれて
びっくりするくらい時間をさいてくれました。
そしてすぐに検査をしてもらい夕方迎えに行くと
巨大食道症だとわかりました。
巨大食道症と聞かされて先生の前で号泣してた私に
何泣いてんの?!これからやん!って。

それからのなおくんはこたたんの強制給餌を毎回手伝ってくれて
帰ってきたらすぐチビちゃん??って声かけて様子見ててくれました。
仕事中もタバコ吸いに外出ると電話くれて『チビちゃんどない?』ってのが
始まりのコトバでした。
夜中もゲコって言うたら一緒に起きてくれたりしてくれました。
仕事中でも急いで戻ってきてくれて(会社近くて良かった)
お昼の強制給餌をして再び会社に戻ってく生活でした。
大好きなパチに行ってる時も
『こたたん起きたよー。そろそろご飯かな?』ってメールすると
チャリで戻ってきてくれて再び戻っていきました(笑)
それでもこたたんの夕飯の時間までには必ず帰ってきてました。
やっぱり強制給餌するのは抱っこの係とシリンジでクチにご飯を入れる係がいないと
食道を立てた状態で流れやすいようにするのは困難なので。
10時の強制給餌はオヤツ程度の量だったので
私一人でもこたたんが飽きる前にチャチャとやれたのですが
本気ご飯の時はシリンジ2回半とお薬があったので大変なのです。
そんな生活だったのでどこか遊びに行ったりとか全くなかったです。
でも、私もなおくんもそれでこたたんの体重が維持出来るなら
全然OK!!って言うてました。
なので来年のGWは東京無理やろうけどいつでも行けるよね!!??なんて
鬼に笑われるようなコト言うてたり・・・・
こたたんのおかげでなおくんとの関係もギクシャクしなくなってました。
頑張っていこうね。そう言うてたんやけど・・・


あの日・・・こたたんが死んでしもうた!!!!
って言うた時、なおくんがウソやん!?貸して!!!
ってこたたんを抱っこして
『もうちょっと頑張ってよーーーーーッ!!!』
って泣き叫びました。

お家最後の日も棺にと用意した箱に入れる時
最後に抱っこさせて・・・って、コチコチになってしまったこたたんを抱きしめて泣いてました。

その時、あぁ・・・こたたんは愛されてたんだなぁ。
・・・って思いました。

荼毘にふす時、行ったところがビックリするくらいあっさりしてるところだったので
え!?もう!?って感じで
なおくんがちょ、ちょっと待ってくださいっ!って言うて
こたたんをナデナデしてまた泣いて・・・
いきなりチビちゃんはお家の子やから連れてかえる!!って言い出して
行く前は辛いからこのままお骨は霊園にって言うてたんだけど・・・
こたたんが空にのぼって行くのが見える部屋で1時間ほど待機してたんだけど
私がほら・・・こたたん空にのぼってくよ・・・って言うたら
見せて!って言うてまた泣いて・・・
なおくんがこんなに泣くとは思わなかったから
私がしっかりしないと・・・ってその時は泣けなかったなぁ??。
なおくんはこーゆーの初めてだから
ショックが大きかったのかもしれないなぁ。
私はおじいちゃん、おばあちゃん、お父さんと続いたから・・・

小さい白いかたまりになってしまったこたたんをお箸でつまんで入れて
出来るだけどんな小さなかたまりも連れて帰りたいって思いから無心で拾ってました・・・。

13日?16日までお休みだったので
なおくんはずっと側にいてくれました。
こたたん・・・私が寂しく思わないようにこの時期を選んでくれたの?
なおくんが仕事だったら一人このお家でどう過ごしてたんだろう?と思います。

なおくんはあれ以来涙は見せません。
私がメソメソしてると
チビちゃんはもうしんどないねんから・・・って言います。
多分自分にもそうやって言い聞かせてるんじゃないかと思います。

つか・・・なおくん結局こたたんのことチビちゃんで通したなっ!!
こたたんもチビちゃん??って言うと振り向いてたからボクには2つ名前があるって
理解してくれてたんやろか??


と、まぁ・・・長々とスミマセヌ。
久しぶりにあの日のことを思い出して
泣きながら打ちました(笑)
涙ってなかなかしぶといなっ



そんなこんなで、私達にはシルバーウィークなんて存在してなかったので
今日は出勤ですが明日からも特に予定もなく・・・
なおくんが木曜に急に思い立ったのか
東京行きのチケット取ろうとしてくれたんだけど無理で(そりゃそーだ:笑)
旅行会社に電話して随分ねばってくれたのですがwww
気持ちだけで嬉しかったです。
てなワケで多分大阪に一度くらい遊びに行く程度になりそうですが
(仕事がこんでるみたいやし)
私の体調もあまりよろしくないので
ノンビリしたいと思います。


ぷぷもちょっとだけ甘えるコトを覚えたのか
ゴツーンしに来ます。
でもその時でも撫でると手が出てきて拒否ります・・・
ナゼ・・・?

スポンサーサイト

この記事へのコメント
2061. maja   URL  2009/09/19 18:01 [ 編集 ]
何回も読み返して泣いちゃったよ・・
もう、泣かないって決めたのに、そのときの情景、浮かんできて涙とまんなかった・・
ゆきこっちもなおくんも、ホントにこたたんを愛してて、一生懸命だったんだなって改めて感じた。
なおくんが言うように、今はもう苦しくないもんね。こたたん、きっと楽しく走り回ってると思う・・

でも、ほんと命の重さとか大きさ、痛切に感じるよね。
ひとつだけ、絶対言えることがある・・
ワタシらの家族として生活してるにゃんこたちって、みんな幸せだよね(自己満足ですまん)
2069. さっちん   URL  2009/09/19 23:21 [ 編集 ]
こたたん、小さくなっちゃったね。

こうして写真で見ると、本当にもういないんだなぁ~って、思わされるよ。

それに、見慣れた骨つぼだなぁ。。。って、

火葬場の情景も目に浮かぶ様だよ。
この5年で、2回もワンコを見送ったから、
ゆきこさんの気持ち、痛いほど解る。

私は、桜の時期に、サミちゃん(初代)と、
つつじの時期に、こてっちゃんとお別れしたから、
毎年、春になると2匹のこと思い出すよ。
私にとっては、春は別れの季節。4月は特にもの悲しくなるね。。。

にしても、なおくんは優しいだんなさんだね。
ちょっぴり羨ましくなりましたw
それに、みんな本当に頑張ったんだなぁ…って、改めて思ったよ。

本当に、みんなから愛されて、こたたん幸せだったね。
2070. みっち   URL  2009/09/19 23:31 [ 編集 ]
ワスも涙出ちゃった…
こたたんは本当に幸せだったと心から思うよ。
今頃、毛皮のサンプル帳見てるかもしれないぜ~~(*≧▽≦*)

ぷぷの拒否り方、チョコに似てる。
腹出してゴロンゴロン甘えるから
撫でようとすると足で突っぱねる…
どっちやねんw
オナゴってワカランわ~~~(笑)
2071. ゆきこ   URL  2009/09/21 11:24 [ 編集 ]
マジャっち~泣かしてゴメンよ~~
記憶ってね・・・ホンマに話しやんと消えてしまうねん。
記録の意味で書いたんだけど
実は病院に行きはじめてブログをやめたから
『こたたんの頑張る日記』てのをつけてたんだ。
何回おしっこウンチしたとか強制給餌ではどんなんだったとか様子とか・・・
だけど18ページで終わっちゃった。
ちょっとずつ強制給餌にも慣れてきて
なんか味わってくれてる??って手ごたえあったから・・・
すごい悔しくて悲しくて
その日記今は開くことが出来ない。
こたたんがもう苦しくないってのだけが救いだよ。
こたたん幸せやったって思ってくれてるかなぁ・・・。


さっちんオイス~~
そうか~サミちゃんとこてっちゃん見送ったんやもんなぁ。
最初はさっちん小鉄ってHNやったよね。
春が悲しい季節なんかぁ・・・
したらワスはお盆休みって思うともの悲しくなるのかなぁ・・・。
なおくんはとんでもねぇヤツや!!って思ったコトも多々多々多々(何回言うねん)あるねんけど
こたたんのコトに関しては感謝しかないよ。
仕事忙しかったのによう手伝ってくれたからね。
こたたんには病院連れてったりして
かわいそうなコトいっぱいしてしもうたけど
幸せやったって思ってくれるかなぁ・・・。


みっち~~泣かしてスマンッ!
そう??こたたん幸せやったって思ってくれてるかな・・・?
それなら少しは心の中にある後悔やらが少し薄れるよ・・・。
ホンマにイヤなんわかってるのに病院連れてって
1度は入院までして辛かったと思うねん。
それでも幸せやったって思ってくれてるかなぁ・・・。

毛皮のサンプル(≧∇≦)
なおくんに似たらビックリ悩むやろし
ワスに似たらビックリソッコー決めるやろなー(笑)

チョコの拒否りかた似てるなーーーっ!!
女子はたいがいそうなのかなぁ~~
ワカランーーッ!!
2072. みゆ   URL  2009/09/21 22:36 [ 編集 ]
ごめん。。私も泣いちゃったよ。
でもこたたんは本当に幸せだったね。
なおくんとゆきこちゃんの愛情表現は違うけど、こたたんは分かってくれていたんだろうね。。。

本当に小さくなって帰ってくるんだよね。。。
私の場合はそのころ読んだ本でそのままおうちに置いとくと猫が心配してしまう…
みたいに書いてあったから、悩んだ末にバルコニーにある多年草のお花のプランターの土にかえしたの。

今思えばなんの根拠も無い話だなって思うけど、毎年花を咲かせてくれる度に会話してるんだ。
それで良かったのかもしれない。

でもおひげと骨と毛はちょっと取ってあってたまに撫でてる。

きっとゆきこちゃんも涙と笑顔が半分づつになる日がくるよ。大丈夫。

ちょっとでもゆきこちゃんの笑顔の時間が増えますように☆
2073. ゆきこ   URL  2009/09/22 08:14 [ 編集 ]
みゆちゃんコメありがとねー。
はぅ!みんな泣かせてしもうたっ(汗;)
そうかな、こたたん幸せやったかなぁ・・・
そうやとエエねんけどなぁ~~

みゆちゃんは土に返したんだね。
私も基本はそれが一番なんちゃうかと思うねん。
自然なことやと思うよ。
私もクローゼットによく入ってたこたたんが(掃除機の時間に逃げる場所)
いつも座る場所になおくんの紺色のパンツが置いてて
そこにみっしり毛がくっついてて(笑)
いなくなってから見っけて
それを必死で取って瓶に入れてるー。
ぷぷはクローゼットには近づかなかったから
100%こたたんやと(笑)
みゆちゃん色々励ましてくれてありがとね。
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ゆきこ

  • Author:ゆきこ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。